子宮筋腫発見!

2019年11月27日

1、病院に行くキッカケ

なんかおかしい。
と、思い始めたのは、約3年前。
生理の経血量が凄い!
文字通り、ドバッ!と出ます。
それと同時に、レバー状の塊もドンっ!と……
夜用ナプキン(長さ400)を付けていても、ドバッ!と出たら衣類に漏れる事があるくらいでした。
もちろんお腹も痛いけど、我慢出来ないレベルではない。
初日と2日目を過ぎればやり過ごせるし、毎回そうではなかったので、そういう時は
「運が悪い」
で済ましていました。
今だから言える、凄くツッこみたい。
運とは。


その2日が運良く休みの日に重なる事が多かったので、尚更調子に乗る私。
ここでも謎の運の無駄遣いをしております。
たまに困るけどまあいいや、と病院に行く事は考えていませんでした。
正確には「怖いから行けない」なんですがね……!




何だかんだやってきましたが、それから一年後。
仕事中に経血が漏れて、ズボン血塗れ!
お腹もどうしようもなく痛い!
という事件が起こりました。
ズボンの素材のおかげで、椅子などに付着はありませんでしたが、さすがにコレはダメだろ……と、トイレで絶望した事を覚えています。


でもでも
超絶怖がりな私。
C9A18CAD-D67F-4098-8963-836C114461DA

脳内はコレです。
仕事休むのも怖かった。
人手がないのです。


しかし。
そう、まだ一年前。
病院に行くのはこの半年後。
ビビリ王、世界王座は私の手の中です。
こ わ い
ただただそれだけ。
でもさすがに生理に怯え、煩わせられる生活に疲れを感じていました。


そして半年後。

1BCFA548-97FC-4826-9103-6D3E59CD06AE

キレた。


また起こりました、ズボン血塗れ事件その2。
再犯にブチ切れ。
キレる方向間違えてるけれど、心底
「もう嫌だ‼️」
と憤り、帰宅後、病院を探しました。


続く。


※初記事ではありますが、全然絵日記感ないなあ……
次回更新では、もう少しイラスト頑張ろう💦


sweetcircus at 13:05|PermalinkComments(0)

2、病院?内診?怖い?

重すぎる生理に振り回されるのはもうたくさん‼️
血塗れ、腹痛、這々の体で帰宅し、さあ病院だ!
一時の恐怖さえ乗り越えたら、その後は楽なはず



と、早速スマホで検索!するも……
43F4C405-974D-45B0-8287-8768F1522345
……何から調べたらいいんだ?


産婦人科って、妊婦さんしか行っちゃダメなのかな?
そもそも産婦人科、婦人科、レディースクリニック、違いは?私はどこに行くべき?
駐車場あるの?
予約なしでも大丈夫なの?
そもそも内診怖い!


はてなマークに取り囲まれました。
経験がほとんど無いものには物怖じしますよね。
(私が小心者すぎるが故だと思いますが)
とりあえず落ち着いて(怖いけど早く診てもらいたい気持ちもあったので)


・通える範囲の場所
・産婦人科、婦人科、レディースクリニック、どこでも診てもらえるようですが、病院のHPに、生理のお悩み相談が出来ると書いてある場所
・口コミがなるべくいいところ
・内診を、お尻からしてもらえるところ
(これに関しては、後程説明いたします。)


を探しました。
結果、すごく良いレディースクリニックと巡り合えました。
次の記事からは、そのレディースクリニック(今後、Tクリニックと呼びます)のお話になります。


Tクリニックに決めるまでをサクッと書きましたが、他にも家から1番通いやすいレディースクリニックに電話したりもしましたが

「早くても一週間待ち」

と言われて肩を落としたり
(こちらも電話対応が良くて、凄く行きたかった!)
その次に近いけど、以前噂で塩対応だと何度か聞いていた婦人科に電話してみたらまさにダメ(塩対応)だったり

本当に口コミ大事。
そして、早め早めの行動。
一週間待ちと聞いて驚いたけど、他の婦人科もそんな感じだと後で知りました。
(もちろん地域差はあると思います)


ちなみに、Tクリニックは予約制では無いけど、来たもん順な制度。
初日、私は2時間待ちをする事になりました。




話を戻します。
Tクリニックに初電話。
電話苦手ですが、もうなりふり構えない。
長くなりますが、電話内容はこんな感じでした。


T「はい、Tクリニックです」

勇「あ、あの、急で申し訳ないのですが、本日診て頂く事は出来ますか?」

T「はい、大丈夫です。
ですが混んでおりまして、来て頂いても……
2時間程お待ち頂くとは思いますが……」

勇「大丈夫です、是非とも診て頂きたいです!
あ!お聞きしたい事があるのですが!」

T「はい、どうされましたか?」

勇「現在生理中なんですが、内診はできますか?」

T「はい、大丈夫ですよ」

勇「あともう1つありまして……TクリニックのHPでも見たんですが
内診のエコー、膣からではなく、お尻からしてもらう事はできますか?」

T「はい、大丈夫ですよ!」

勇「よかった〜!ぜひともお願いします!」

T「わかりました!
では、本日はどのような症状でおいでに……」

勇「ここ半年、生理がおかしくて……
出血量が夜用ナプキンでも漏れたり、激しい生理痛があります」

T「なるほど……(メモをされてる様でした)
分かりました、これからいらして下さるんですね、お名前を……」


と、後は名前、携帯番号を伝え、電話を切りました。
終始優しい雰囲気で話して下さり、ここだ!と思いました。(単純)


さて、冒頭や電話中にも出ましたが


膣からではなく、お尻(肛門)からエコー(内診)


これはどうしても譲れませんでした‼️


膣からのエコーは

・素人判断だけど、ここまで生理がおかしいならば、子宮内部になんか出来てるはず!
絶対痛い(はず)!
・内診(膣からエコー)された方の体験談が、七割方痛そうだった!

逆にお尻(肛門)からのエコーは
・気持ち悪いけど、痛みはなかった

の意見が大半!
痛くないならば!と飛び付きました。
結果、何度かお尻からの内診をされましたが、痛みを感じる事はなく、正解だったと今でも思っています。


ちなみに
内診に関しては
基本的に学生さんは、腹部にエコーを当てるだけで済むパターンが多いようです。
私も20年近く前に行った時は、腹部エコーだけで済みました。
こちらは痛くない、むしろちょっと気持ちいいかも。笑


とにかく痛い・怖い事はイ・ヤ‼️


ワガママ過ぎるけど、自分でできる範囲、自分を守ろう!
不安要素は1つでも減らす!


よく、内診恥ずかしい!と言われる方がいらっしゃいますが
私は
16BE9138-1D8F-4415-B8BF-BF6C60C8F0E7
です。
お医者さんは、仕事で何千何万人の方を診てきてらっしゃるのですから。
その中の1人になるだけですし、何よりお仕事をされてる訳です。


恥ずかしい!怖い!という気持ちはあって当たり前!
それよりも、重すぎる生理から解放されたい‼️
時刻は19時前。
夜遅くても診てくれるTクリニックに感謝の念を抱きつつ、私は家を出ました。
ガッチガチに緊張しながら。






かなり長くなりましたが、病院探しをまとめると

・自分の症状を見て貰えるか、連絡してみる、もしくはHP等をチェックする
・通える立地条件か
・口コミは悪くないか
・予約制度の有無
・生理中でも内診可能か
・内診、膣からが怖い方は、お尻からでも可能なのか

・記事内に書けませんでしたが、一人で行くのが怖い!付き添いの人は連れて行っていいの⁉️かどうか。
小さいクリニックだと、付き添いの方に席を開けるよう声掛けされる事もあります。
個人的には、なるべく一人推奨かな。
でも怖いよね詳しくは病院に問い合わせを!


こんな感じですかね?
書き忘れがあればまた追記します!


つづく。

sweetcircus at 16:32|PermalinkComments(0)

2019年11月28日

3、ついにクリニック!問診票!

※はじめに。の記事にて
筋腫を10㎝と記入していましたが、正確には8㎝でした。
意味なく盛ってしまってました、失礼しました。
(開腹で切った長さが10㎝だったので、混同していました)




怖いけど!Tクリニックに電話したし!
行くしかない!
車で、混んでいなければ20分で到着する場所です。
しかし駅前なのでクリニックの駐車場はなし。
通院のたび、コインパーキングを利用するハメになりましたが、高額ではなかったのと(1時間200円程)
Tクリニックの雰囲気が良かったので、気になりませんでした。



⭐︎保険証、お持ちの方は、お薬手帳をお忘れなく!
私は心療内科で5種類の薬を処方されています。
もし私のように他の病気に行っているのであれば、その事と、どんな薬を飲んでいるか、必ずお伝えしましょう!
後の記事に書きますが、初診は3,000円で少しお釣りが帰ってくる値段でした。



緊張しつつ、Tクリニックの扉を開けると……
4D5FF8D8-8917-48BC-9729-94DA16EC7142
こんな感じでした。
座る場所ない!
20代〜60代ぐらいと、年齢層は様々。
中には中学生くらいの子が、お母さんらしき方と座られていました。
この日、男性(付き添い)は一人もおらず。
さすが2時間待ち……と、怖気付きながらも、受付へ。


先程電話しました勇と言う者ですが、と言うと、すぐにわかって下さり、問診票の記入をお願いされました。


問診票では、ほとんど内科などで聞かれるような質問が書いてありました。

・以前大きな病気をしてますか?
・治療中の病気はありますか?
・服用中の薬はありますか?
・お酒は飲みますか?
・タバコは吸いますか?
などなど。
心療内科通いである事、服用中の薬も全部書きました。
記憶力がよろしくない私は、お薬手帳とにらめっこしながら記入欄からはみ出しながらも書き切りました。

もちろん
・どのような症状がありますか?
の記入欄もあります。

いつから、どんな症状がでているか
なるべく詳しく書いた方が話は早いと思い、細かく記入していました。
他所の病院でもですが、記入欄から漏れてでも気になる事を書きます。


他にも
・性交渉の経験は?
・初潮はいつから?
と言った項目もあります。
恥ずかしいと思うかもしれませんが、しっかり書きましょう!自分のためにも!

あと、私はどこの病院でも
・何か医師に伝えたい事がありますか?
の項目があれば
正直に
「不安です、怖いです」
と書きます。
何度でも言います、自分の恐怖心を和らげるためなら何でもします。笑
プライドよりも恐怖心!


そして、そこから2時間。
しかし座れる椅子はないので、受付の方に
「待ち時間、外に行ってもいいですか?」
と聞いたところ
この病院ではよくある事らしく、慣れた様子で送り出して下さいました。
駅前という事で、店はたくさんあります。
近場の喫茶店でダラダラ過ごし、1時間半もした頃でTクリニックに帰ったところ、かなり人が減っていました。
余裕で座れる!


そこで、名前が呼ばれるまで……
消えない恐怖と戦いながら少し待ちました。
ヤバい病気だったらどうしよう⁉️
いやいや案外、薬の治療だけで済むかもよ⁉️
手術になったらどうしよう
仕事はどうなる?
怖いけど、もう逃げられない!やるしかない!

頭の中ぐるぐるぐるぐるしてました。


名前を呼ばれた時
声が裏返りそうになりながらも返事をし
ガッチガチで、診察室へと入って行きました……。




今回、イラスト一枚だけになってしまいましたが
続く!

sweetcircus at 15:48|PermalinkComments(0)

2019年11月29日

4、診察と初・内診

ガッチガチに緊張しながら、診察室の扉を開きました。


やはり、産婦人科やレディースクリニックだから、内診するところに、内診台が既にあるのでは⁉️
という恐怖心を抱いていた私が見たものは……


D6E96E5F-64C7-495C-BAC3-C6A04DEA603E
※頑張って絵を描いてみましたが、先生凄くお綺麗で、私の画力では到底書き表せられませんでした。


衛生面やらを考えたら、診察室にドーン!と内診台なんて置いてないよね……
(そういう病院があるかもしれませんが)
近所の内科、みたいな雰囲気でした。
先生も凄く人柄がよく、少し緊張がほぐれたのを覚えています。


「随分お待たせして、ごめんないね」
と言ってくださり、凄く恐縮、身に余るお言葉。笑
私の書いた問診票を観ながら、いろいろと質問(診察)が始まりました。


※以後、先生は女優の高島礼子さんに似ていたので、礼子先生と表記します。




問診票を眺めながら
礼「生理痛が酷く、経血量も凄く多い、と……
かなりキツそうね……」

勇「はい、ナプキンから漏れる事もあって大変でした……
バファリンやロキソニンでも我慢できないぐらい痛くなる事もあって……」

私の症状がかなり重い事からか、先生の顔が少しだけ曇りました。

他にも少し話しましたが、記憶にあまり残っていません(内診が怖くてかなり緊張していました)
ですが、特別変わった事は聞かれてはいなかったと思います。


礼「勇さんの症状からすると、内診をした方が良いんだけど……内診、初めてだよね?」

勇「は、はい……」

礼「無理強いはできないけど、勇さんの事を思うと、内診をした方がいいんだけど……怖いよね?」


問診票に書いた私の恐怖心が届いた!
先生優しすぎる!


勇「こ、怖いです、正直……」

礼「どうしても怖いならば、その気持ちが落ち着いてからでいいし、出来れば受けて欲しいんだけど、無理はしないでいいからね」
と、気を遣いながら、凄く優しく言ってくださいました。


礼子先生じゃなかったら、この時内診を決心しなかったと思います。


ここまで来たら受けるしかない!
こんなに優しい先生の為なら内診の一つや二つ!!
↑先生の為?


そんな気持ちになり
「今、お願いします!」
と返事をしました。


その時に先生が
「ありがとう!」
と微笑んで下さった事が忘れられない。
これだけで来た価値あった!と思うぐらい。
単純な私ではありますが笑、礼子先生のおかげで勇気を出せたのは違いありません。


では、と、診察室の向かい側にある、内診室へと案内されました。
ああ、ついに来た……!!
人生初内診!うわあああ!
再びガチガチに緊張しながら内診室に入ろうとした時、看護師さんから
「ズボンや下着はすべて脱ぎ、ブランケットを巻いて、椅子に座って下さい」
と説明されました。


こんな感じです。
980EB42C-87A8-43C0-BCAC-A4A92705D461

部屋を区切る、どでかいカーテン。
初めて見る内診台、実物。
カゴがあり、ブランケットが入ってました。
ズボンと下着を脱ぎ、そのカゴに入れ、ブランケットを取り出し軽く巻きました。
あと、ティッシュがイラストでは無造作に直置きになってますが、きちんと小さな台に乗ってました。


もちろんこちら側には誰もおらず、かなりオロオロしましたが、カーテンの向こう側に勇気を出して
「服、脱げました、もう台に乗って大丈夫ですか?」
と聞いたら、明るく礼子先生が
「はい、どうぞー!」
と応えてくれました。


ちなみにこの日は生理、かなり経血過多だったのですが
喫茶店から帰って来て、トイレに行ったところ、何故かピタリと血が出なくなっていました。
内診中も恐らく出てなかったと思っています。
↑あくまで憶測ですが
ですが、生理中、経血過多でも大丈夫!と聞いていたので、出たら出ただ!謝ろう!とか思っていました。笑


緊張しながら座ると、先生が
「今から椅子動かすよ〜」
と言い、内診台が上がり、背もたれが後ろに倒れていき、軽く寝るような体勢になりました。
そしてカーテンの向こうに、私の下半身のみ開示されてる状態に。
79619CA7-5411-473D-B428-9DE204D7E724
※このイラストだと背もたれが高いですが、実際は文章通り、割と下がります。


あああああついに内診……!!
相変わらずガチガチ、消えぬ恐怖心。
そんな私とは裏腹に、カーテンの向こうから、礼子先生が優しく声をかけて下さいます。


礼「今から診させてもらうね、ごめんね、怖いよね。
頑張って痛くないようにするし、もし、痛かったり怖かったら、すぐに言ってね!」


礼子先生、本当に神様。
アラフォーにもなって、情けなく怖がる私に、そんな言葉を……!
よし!無理なら叫ぶぞ!精神で(精神だけで、もちろん叫びません笑)
「わかりました」
と、蚊の鳴くような声で返事しました。
なんたるギャップ。


以前書いた通り、私はお尻の穴からの内診にしてもらいました。
もちろん礼子先生もそれを再度確認し……
肛門に何やらジェルのような物を塗られ……
ついに内診開始!


以下、素人が調べた知識なので、間違いがあればすみません
膣からでも、肛門からでも、プローブと言われる超音波発信機を入れ、下腹部内部を診るそうです。
私はずっと、小型カメラだと思っていました笑。


このプローブ、細長く、少し太めのストローぐらいかな?
文字通り、ニュルン、という感じで入って来ます。
正直、違和感すごい!
決して、気持ち良くはなく、排便したい!という気持ちになってしまいます
が、痛みは一切なし!
痛くないからこっちの物!と、気持ちに余裕が出来た時でした




「大変!大きな筋腫が!」




と、かなり驚かれた礼子先生の声がし
私はD22AE218-86D4-4E85-827F-1765B848311F
頭が真っ白になりました。
先生も思わず声が出てしまったようで、悪意は決してなかったと思います。笑


つづく!




⭐︎ランキング参加中、クリックをお願いします⭐︎
m(_ _)m


人気ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村

sweetcircus at 17:37|PermalinkComments(0)

2019年12月02日

5、しゅ、しゅじゅつ……?

礼子先生の


「大変!筋腫がある!」


「これは大きい!」


と言った声に、冷水を浴びたように私はピキーン、と固まりました。
先生も、思っていたより大きかったらしく、かなり驚かれていた様子。
(カーテンで見えないが、声色で理解)


ああああああ……
これ、絶対ヤバいやつだ。
この地点でほぼほぼKOな私。
そこに、少し落ち着きを取り戻した礼子先生。


「こんなところにこんな大きな筋腫……
凄く痛かったでしょう?
我慢強いってよく言われない?」


我慢強いと言うより
こんくらい耐えられなくてどうする!情けない!
とか思ってしまい、めちゃくちゃ辛くても弱音吐けないだけなんですが
(でも結局、それは我慢強いのかな?)
「は、はあ……
と、ぼんやり返事しました。


そしてついに衝撃の言葉が……!!




「手術して切るしかないわね……」




D7800B79-D964-4315-A34D-981103ABA981


私は灰になりました。
人生で恐れているものトップ3にランクインしている一つ



手術!!



イラスト通り、心はもうモノクロ。
恐怖と共に
次は何?今は何すべき?え?え?
と、動かない頭で思い浮かべていました。


内診はそれで終了。
時間にして、多分3分も掛かってはいなかったと思いますが
大きな筋腫、手術、このワードで、時間感覚がわからなくなってました。


内診台から降り、先程の場所で服を着直し、診察室に戻ります。
その前に、お尻にジェルのような物を塗られたので、ティッシュで拭き拭きし、ゴミ箱にポイ。
ティッシュ置いてあってよかった。笑


診察券へ戻ると、礼子先生が難しそうな表情で、パソコンの画面を見つめていました。


結果から言うと
・子宮筋腫は、約8cm程。
・これ以上大きくなると、かなり大変になる
(個人的に、子宮筋腫は10cmを超えると子宮全摘になる可能性が出てくる、と聞いたことがあります)
・二週間後、紹介する病院で、MRIを撮って来てくれるかな?
との事。
(二週間前後らへんで、希望する日時を聞かれました。
私が出した第一希望、第二希望を紹介先の病院に問い合わせ、双方予定が合う日に決まるようです)
⭐︎こういうパターンがあるので、この先一ヶ月ぐらいのスケジュールを把握しておく、スケジュール帳の持参(今はスマホがあるか)しておくと、めちゃくちゃ便利です!


さすがに病院、土日はやってないので、会社休んでMRIを受けに行くことになりましたが、そんな事を言ってられないぐらい、私の精神状態は真っ白でした。


しかし。
礼子先生のこの言葉に救われました。


18BA0FC0-81F1-4106-8A2A-AAD8C96F7FAC


病院で、先生にありがとう、と言われた事はありますか?
ほとんどなくないですか?
(だから世のお医者さん、ありがとうと言ってちょうだい!という話ではないですよ
内診が終わり、診察室に戻った時も



「内診、怖かったよね?ごめんね」


「でも、勇気を出してくれてありがとう」


礼子先生のこの優しさがあったから、頑張れた。
お医者さんは職業柄、患者に感情移入しちゃいけないと聞いたことがあるし、どこか冷たい感じがする、少し距離があるお医者さん、と言うのが当たり前だと思うようにはして来たけど


アラフォーのいい歳こいた私なんかでも
子どもをあやすかのように言葉を掛けてくださった事がありがたすぎました。
逆に
「40近いんだから!しっかりしないと!」
と言われていたら挫折していたと思う。笑
何歳でも怖い物は怖い!


礼子先生にめちゃくちゃ感謝の言葉を述べ、診察室を出ました。
受付にて、MRIの日が2日後にわかるので、2日後、紹介状を取りにまた来て下さい、と言われました。
そしてお会計。


初診料、検査料で
2,580円
でした。


Tクリニックを出ると……
春なのに寒かった。
すっかり夜です。
image

頭の中はこんな感じ
顔は真っ白、だったはず。


今から実家の親に連絡しようかと思いましたが、MRIの結果、手術が確定したあたりにしよう、と思い
とりあえず、一緒に暮らしている彼氏、美貴には電話で弱音を吐き、帰路に着きました。




つづく!









⭐︎ランキング参加中、クリックをお願いします⭐︎
m(_ _)m アリガトウゴザイマス!


人気ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村

sweetcircus at 11:15|PermalinkComments(0)